18.07.22

Blessing&Resource Aquarium

豊かな富山湾の恵みと限りある資源

― ブレッシング&リソース アクアリウム ―

Blessing&Resource Aquarium

 

 富山湾産魚類・海洋生物&富山湾海洋深層水の有効活用と富山湾の魅力発信、漁業の更なる活性化、

そして美しく癒される、❛ 日本初 ❜ 資源保護&次世代循環型アクアリウム

 

マダイ2中

 

※みんなが知っている ❛ マダイ ❜

 

富山湾を泳ぐ魚達

富山県民だったら誰もが知っている魚達

でも、その知っている魚達は、富山湾を泳ぐ魚達のごく一部にすぎません。

一般の方であれば、食用になる魚以外あまり知らないのが現実です。

釣をやっている方々でも知っているのは浅場で釣れる魚くらい。

 

コブダイ2中

※富山では食べる習慣がない ❛ コブダイ ❜

 

富山湾は、日本海で最大の外洋性内湾、日本の湾の中でも水深の深さと魚種の豊富さが有名。

日本海の中でも特殊な湾構造で、沿岸沿いに浅い海底が少なく、湾の殆どが水深300m以上、深いところでは1000m以上にもなります。

海底が深く地形も複雑。

日本近海を見渡しても、この様な湾は稀。

海流の関係もあり温暖な海域の魚達も生息。

そのため日本海に生息する魚種の半分以上は生息しているといわれています。

様々な好条件が重なり、富山湾では豊かな漁場として全国的にも有名、

『 富山県/魚 』として有名です。

 

ブレッシング&リソースアクアリウム5HP用

 

 

しかしながら、有名ではあるがどの様な魚達がどのくらいいるのか、富山県民でも知りません。

食用になる魚種以外は・・・。

県外の方はもちろん知りません。

でも、富山県=魚と認知されています。

 

map1

 

 

漁業が盛んな富山県。

ホタルイカやシロエビ、ブリなどが有名。

資源保護の為、養殖した稚魚を放流する、栽培漁業も行われています。

しかしながら、漁業には『 未利用魚 』という流通しない魚達の存在があります。

食用にならない、数が揃わない、キズがある、地元では食べる習慣がない等、

一般的には全水揚げの約30%程度発生しているといわれています。

 

◆水産庁HPより◆

水産物の流通過程において、魚体のサイズが不揃いであったり、

漁獲量が少なくロットがまとまらない、小さすぎる等の理由から、

非食用に回されたり、低い価格でしか評価されない、そもそも食用にならない、

いわゆる『 未利用魚 』が発生している。

 

しかしながら、近年、この未利用魚を有効活用しようとする動きが広がっています。

 

未利用魚の活用は、食べ物を粗末にしない、資源を無駄にしない、

「MOTTAINAI」の精神につながるものです。

 

これまで採算が合わないということで有効利用されていなかって未利用魚を、

関係者の創意工夫や加工技術により商品化することで新たなビジネスにつなげている事例もある。

 

DSC_4997シマダイHP用

 

食用になる魚だけを海から獲ることは不可能。

網には様々な魚が入り込みます。

この未利用魚を水産資源の持続的利用と環境保護、生体の保護、

そして有効活用を目的とした新たな取り組みとしてスタート。

 

フィッシャーマン(漁師)とアクアリムデザイナーがタッグを組んだ活動

『 富山湾クリエーターズネットワーク 』

 

TCNロゴ(漁民ユウ)黒

 

水橋漁民合同組合(富山市)×ユウ・アクアライフ

 

富山湾産魚類と漁業の更なる認知度向上とイメージアップ、

アクアリウムを通して富山県内外に魅力を発信。

 

 

ブレッシング&リソースアクアリウム2 - コピー (2)

 ※イベント展示水槽

 

そもそも、「 ブレッシング&リソース アクアリウム 」ってなに?

・食用のため流通にのる個体は使用しない

・食用になる魚種でも、小さい等流通しない個体のみ使用

・網には入るが食用にはならない魚種を使用

・上記の未利用魚のみを使用したアクアリウム

・ある程度の大きさになるまでは水槽で過ごし、その後再度富山湾へリリースする

※魚種により変わります

 

◆漁業にて使えない魚達をアクアリウムで活用し、その後リリース(放流)することで、

資源の活用と生体の保護、水産資源の持続的利用に繋げます。

 

滑川市の海洋深層水

 

ブレッシング&リソース アクアリウムの水槽では、全て富山湾海洋深層水を飼育水として使用し、

生体環境を良好に保ち長期安定飼育を可能にします。

 

 

『 ブレッシング&リソース アクアリウム 』の展開

 

この「 ブレッシング&リソース アクアリウム 」を展開する上で最も重要になるのが

アクアリウム全体のデザインとディスプレイ、富山湾の魚達を美しく魅せる演出、

そして魚種のチョイスです。

 

ブレッシング&リソースアクアリウム7HP用

 

ユウ・アクアライフは、あくまで飼育員ではなくアクアリウムデザイナーです。

 

全体のデザインで最も重要なことは

コンセプトに合わせた存在感です。

 

First Impressions

ーファーストインプレッションー

関心を持って頂けるか否かは、第一印象で全てが決まるのがアクアリウムです。

 

例えば、「 世界で最も美しい湾クラブ 」に加盟する富山湾

その富山湾を応援し、魅力を国内外に発信するために設立されたクラブ

「 美しい富山湾クラブ 」

そのロゴを用いてシンプルにデザイン

 

DSC_3278-100 湾クラブ

 

 

例えば、水槽全体のデザイン

 

DSC_3278-3 県産材

 

最近の富山県関係施設インテリアデザインのトレンド

県産材を使用したデザイン水槽

 

同じく重要なのが、水槽内のディスプレイと魚達を美しく魅せる演出

 


ブレッシング&リソースアクアリウム8 - コピー

 

富山湾の魅力を発信するこの水槽の場合、

富山県型のガラスアートを中心に、富山湾産の魚達が乱舞する解りやすい演出

ブレッシング&リソース アクアリウムは、様々な顔を持たせることが可能です。

 

『 ブレッシング&リソース アクアリウム 』の展開例

 

Coming Soon

Tags: